【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

広友リース

本ページでは、東京の事務所移転業者、広友リースについて、サービス評価や特徴・評判、会社概要などの情報を取りまとめて紹介していきたいと思います。まずは本サイトによる広友リースのサービス評価は次の通りです。

【格安移転】 【大規模対応】 【設計・デザイン】 【物件紹介】

東京の事務所移転業者、広友リースの評判はいかに?

1970年(昭和45年)に、母体となる物産会社のレンタル事業部が分離・独立する形で設立。当初はその社名の通り、建設現場や不動産販売業、イベント事業向けに、各種機器のレンタル事業や、不用品の回収・リサイクル事業などの事業を展開していました。また、親会社の事務所機器等の販売・インテリア事業などのノウハウも集約し、現在の事務所移転サービス事業にも乗り出したという流れになっています。

そうした出自ゆえに、同社のオフィス移転は、「移転サービス」「片付けサービス」「物品供給サービス」「設計・施工サービス」がグループ内ですべて賄えるという点が強みとして訴求されています。

移転に伴う輸送は、グループの物流会社が担当。廃棄物に関しては、全国の産廃物収集運搬業者・処理業者と業務提携しており、リサイクル率95%を達成しているそうです。什器や備品の供給や調達に関しては、親会社の物産業者がカバー。購入だけではなくリースも行っています。移転先の各種工事や旧オフィスの原状回復なども、ワンストップで対応可能です。

グループの総合力で事務所移転の幅広いニーズに対応

なかでも大きな評判となっているのが、事務所移転に際して不用となったオフィス家具や什器類などを、グループ内のリサイクルショップにて買い取ってもらえるという点。その分を引越し費用から差し引くことで、割安料金での利用が可能になるとしています。

また、オフィスの建て替えなどで仮事務所に一時移転といった場合には、荷物・書類一時保管に対応。その際に、オフィス家具のリペアサービスを依頼し、新規に買い換えるよりもコストを抑えるといった方法も可能になります。ただし、料金システムについては特に記載がなく、個々の案件ごとに見積もりとなる方式と思われます。

以上の通り、広友リースはグループの総合力を強みとし、依頼者の要望やニーズに応じて幅広いサービスに対応できるという業者になります。中程度以上の規模を持つ事業者がワンストップで事務所移転を完結したいといった場合には、依頼先の検討候補として有力と言えるでしょう。ただし物件紹介などは特に行なっていないようです。

広友リース Data

  • 運営会社:広友リース株式会社
  • 所在地:東京都港区赤坂1-4-17広友ビル
  • 創業:1970年(昭和45年)

>>広友リースは入っている?格安で事務所移転を実現できる東京の業者ベスト3<<

ページの先頭へ