【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

事務所・オフィス移転ナビHOME » 独立開業・新規出店にともなう事務所移転のポイント

独立開業・新規出店にともなう事務所移転のポイント

本カテゴリーでは、事務所移転において、独立開業や支店設立といった場合における考え方や注意すべきポイント、業者の選び方などの情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

事務所移転、独立開業や新規出店の場合は?

独立開業や支店設立といったものは、既存の事務所を移転する場合とは、その手順や考え方、注意すべきポイントなどが異なってきます。例えば、既存オフィスから新規オフィスへの移転の場合、移転元の原状回復や、元のオフィスで使用していたオフィス家具・什器類を移動するのか、処分して買い換えるのかといった検討も必要になってきます。

独立開業・新規出店向けの事務所移転サービスに注目

一方で、独立開業の場合であれば、元のオフィスの原状回復というものはそもそも存在しませんが、一方でオフィス家具や什器類もほぼ新たに調達するケースが多いです。支店設立の場合は、独立開業と通常の事務所移転の中間的存在か、やや独立開業に近いという位置づけになります。こうした諸々の違いがあるので、独立開業や支店設立の場合は、特にそれを強みとする業者を選んだ方がより安心できるでしょう。

例えば事務所移転業者によっては、社員30名規模ていどまでの事務所開業・設立や、新規出店/支店設立向けに、ワンストップで立ち上げを支援するパッケージプランを用意している場合があります。こうしたパッケージプランなら、費用対効果も分かりやすくおすすめ。本ページでは、特に使いやすいプランを用意している事務所移転業者もまとめてみました。ぜひ参考になさってください。

 
ページの先頭へ