【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

設計・デザインならこの3社

東京のオフィス移転業者で、オフィス設計事務所(オフィスデザイン)としての側面を併せ持つ会社のベスト3を選出。各社の魅力を掘り下げてご紹介したいと思います。

東京のオフィス設計事務所でBEST3

ひと昔前であれば、会社というもの見た目よりもビジネスの中身で勝負という考え方が主流でした。オフィスのデザインや外観は、さほど重視されないという風潮が長らく続いていました。いまでは、それも既に過去のハナシ。現代のビジネスシーンにおいて、オフィスデザインというものは企業の顔であり、プレゼンテーションの場でもあるという役割を担っています。特にIT系やデザイン系、クリエイティブ系の業種では、その傾向が一段と高くなっています。

そしてもうひとつ、オフィスデザインというものは、単に見てくれを良くするというだけではなく、働く社員の業務効率向上やコミュニケーション活性化をもたらすといった重要な使命も課せられています。

動線やデスクの配置ひとつで、業績を大きく左右する可能性すらあるのです。こうした側面もまた、オフィス移転を機に見直すという機運が高まってきています。そうした観点から、オフィス設計事務所(オフィスデザイン)の機能を兼ね備えたオフィス移転業者を選出してみたところ、ベスト3は以下のようになりました。

1位:フロンティアコンサルティング

フロンティアコンサルティングのロゴ画像東京の他、横浜、名古屋、大阪、香港、ベトナムにも拠点を展開。物件探しから設計・デザイン、オフィス家具やネットワークの整備、原状回復まで、ワンストップで対応しています。オフィス環境構築とは、依頼社の業績向上に貢献できてこそという信念をモットーにしているようです。

所在地 東京都中央区日本橋本町3-3-6 WAKAMATSU BUILDING 5F

デザイン事例1:CyberQuest

フロアコンサルティングの事例イメージモバイル広告事業で業績を伸ばしている同社からのリクエストは「女性社員がより働きやすい空間」というもの。それを受けての提案は、木目の内壁やオフィス家具、植栽、自然光を取り入れるガラスなど、「ナチュラルテイスト」をふんだんに盛り込んだ案。

リフレッシュスペースには畳のエリアも設けるといった工夫も施され、社員の皆さんからの評判も上々。取引先の方がネットで評判を聞きつけ、実際に見学に来たということもあったとか。今後の新卒採用においても、同社ならではの“大きな武器”になると喜ばれたそうです。

デザイン事例2:アイウェイズ

フロアコンサルティングの事例イメージシステムコンサルティングやWEBシステム構築、インフラ構築などのIT系業務を担う同社。社員の増加に伴い、33坪から72坪のオフィスに移転。その際のリクエストとして、「エンジニアが煮詰まった時などでも、頑張ろうと思える空間」とのこと。

それを受けての提案は「Green & Cafe & Water」というテーマです。壁面に人工芝、床にはカフェ風の木目調の床材を用い、公園内のオープンカフェといった雰囲気に仕上げたとのこと。コミュニケーションがとりやすくなり、作業効率も向上というメリットもキチンともたらされたそうです。

フロンティアコンサルティングのデザイン事例をもっと見る

2位:ヴィス

ヴィスのロゴ画像オフィスデザインにおいてこれまで手がけてきた案件は実に2,000以上。「日経ニューオフィス賞」にも多数入選していることが大きく訴求されています。またwebサイトデザインや、シンボルマークや企業ロゴ、名刺、レターヘッドといったグラフィックデザインにも対応。

所在地 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル1F

デザイン事例1:大幸薬品

ヴィスの事例イメージ「正露丸」あるいは「ラッパのマーク」で有名な大手製薬会社。移転に伴い、ブランドイメージの一新と、社員の家族が気軽に訪れられるようにというリクエスト。それを受け、エントランスおよび来客エリアはコーポレートカラーである赤と白で統一。

リラックススペースには木と緑を配置し、ワークスペースは社員の方が活き活きと働ける機能性を重視。双方をバランスよく配置したと訴求されています。【第27回日経ニューオフィス賞】の「近畿ニューオフィス奨励賞」を受賞したとのこと。

デザイン事例2:オウチーノ

ヴィスの事例イメージ住宅・不動産ポータルサイト「O-uccino」を運営する同社。マスコットキャラクターである「ゲーテくん」のように明るくて元気なイメージをとのリクエストに、パレットの絵の具をモチーフとしたカラフルでPOPなデザインを提案。

また「O-uccino」の社名がイタリア語からの発想であることを受け、会議室には、MILANO」「VENEZIA」「FIRENZE」とイタリアの都市名でネーミングするという遊び心も好評だったそうです。

ヴィスのデザイン事例をもっと見る

3位:アーバンプラン

アーバンプランのロゴ画像2011年創業ながらオフィスデザインに長け、20坪ほどの規模から800坪以上の大規模物件まで幅広い実績があると訴求されています。

オフィス家具も自社で販売を手がけており、ワンストップで依頼可能。オフィス移転の実績とノウハウもしっかりと積み重ねているとのこと。

所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル34F

デザイン事例1:JFEエンジニアリング

アーバンプランの事例イメージ鉄鋼や造船、橋梁や産業用機械などを手掛ける同社。その東京本社はワークスペース・会議室・カフェスペースが共存するワンフロアとし、通常業務とイベント用レイアウトに切り替え可能としています。

執務スペースは固定席とフリーアドレスを組み合わせた複合タイプ。その回りを囲むように会議室とカフェスペースが配置され、執務のサテライトスペースとしてはもちろん、セミナーや会議、社内パーティまで用途に応じて簡単・便利に使い分けられるような工夫がなされています。

デザイン事例2:三栄書房

アーバンプランの事例イメージ自動車やオートバイ、モータースポーツ、ゴルフやアウトドアなどホビー系の雑誌や書籍を手掛ける老舗出版社。以前は3フロアに分散しており、什器類もバラバラ。コミュニケーションや運用性といったものに難があったそうです。

ワンフロアの物件への移転を機に、全員が同規格、同仕様の什器を使用し、部署間の動線もシンプルかつ効率的に整備。作業効率やコミュニケーションの向上を目指したユニバーサルデザインとしたと訴求されています。

アーバンプランのデザイン事例をもっと見る

依頼者の意を汲む能力の高さにより、1位選出はフロンティアコンサルティング

デザインのイメージ画像上記の通り、オフィスデザインの提案や施行に長けた移転業者No.1として、本サイトではフロンティアコンサルティングを選出しました。単にデザインがオシャレだったり奇抜だったりという業者は数多ありますが、フロンティアコンサルティングは、依頼者企業の要望や希望をしっかりと把握した上で、ブランディングと機能性を両立させたオフィスデザインを提案・施行している点が秀逸です。

こうしたデザイン性を売りにしている業者の中には、依頼者の要望や希望そっちのけで、自社の腕やセンスの良さを見せる独りよがりな内容を押し付けてくるような業者も少なくありませんので、フロンティアコンサルティングの対応は真摯かつ信頼できるものと言えるでしょう。

なお、ヴィスならびにアーバンプランの両社も、依頼者の意を汲む姿勢をないがしろにしているという訳ではなく、提案力やデザインのアウトプットも優れたものがあります。ただし、フロンティアコンサルティングの方が、その完成度が頭一つリードしていると見受けられましたので、上記のような順位としてみました。

ページの先頭へ