【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

事務所・オフィス移転ナビHOME » よくわかる事務所移転の段取りガイド

よくわかる事務所移転の段取りガイド

本カテゴリーでは、事務所移転における局面ごとに、考え方や段取り、チェックポイントや注意点などを詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

事務所移転、局面ごとのポイントを詳しく解説

事務所移転というものは、一般家庭で行う引越しとは大きく異なります。その最もたるものは、事務所というものはビジネスを行う場であり、その移転を行うということは、ビジネス上のメリットがもたらされなければならないということです。

例えば、立地の改善による通勤や取引先との行き来がしやすくなる。職場のデスクや配置を改善することによって、作業効率をアップさせる。内装デザインを洗練させ、顧客や取引先にアピールしたり、社員の士気向上を図るといった具合です。

正しい準備と段取りが、事務所移転成功のカギ

そうした事務所移転によって得られるメリットを確実にものにするには、事前の準備や段取りというものを『正しい考え』のもとで行う必要があります。例えば、移転先探しにおいて、利便性を重視するあまり、賃料が高くなってしまえば、会社としての利益に影響を及ぼしてしまいます。

また、移転先のオフィスレイアウトに失敗して、以前の事務所より業務効率が低下してしまったら、何のための移転だったかという話になってしまいます。そうした失敗をしないためにも、ぜひ参考になさってください。

そしてもう一つ、事務所移転には様々な作業が必要であることを、改めて理解していただくとともに、効率的に進めるにはどうしたらよいかということも気にかけておくべきです。特に移転作業パートナーとなる業者が、関連業務のうち、どこまで対応してくれるのか、という視点を持つことが重要になってきます。この点も詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

ページの先頭へ