【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

レイアウト

本ページでは、事務所移転におけるオフィスのレイアウトについて、考え方や段取り、チェックポイントや注意点などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

事務所移転、オフィスのレイアウトはどうしたらいい?

新たなオフィスに移転して心機一転、業務に励もうと思っていたのに、レイアウトの失敗により業務効率が下がり、作業に掛かる手間ひまや社員のストレスが増えてしまった・・・。これ、決して冗談ではなく、実際に起こり得ることです。

そうならないためにも、オフィスレイアウトの基本的な知識は身につけておきましょう。特にここでは重要な「ゾーニング」「導線」「スペース」の考え方について取り上げます。

オフィススペースの役割と配置を考える

まず「ゾーニング」という考え方について。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言えばオフィス内で空間を機能や目的別に区分けし、適切な面積を割り当てながら配置するということです。例えば一般社員が業務を行うゾーンは入口から奥まったところに○○平米、来客者向けのゾーンは入口近くに○○平米、休憩やリフレッシュのためのゾーンはその隣に○○平米といった具合です。

こうしたゾーニングを考える上で、切っても切れないのが動線との関係です。動線とは、人の移動する通路のこと。たとえばすべての社員のデスクから休憩スペースや来客エリアに向かう際に効率よく移動できるか、最も人が通るメインの動線は十分な広さがあるか、行き止まりや袋小路がなくオフィス全体が回遊できるような動線配置となっているかといったことが重要になります。ゾーニングと導線の関係をまとめると、実際に考慮すべきポイントとして、以下のような考慮すべき点が挙げられるでしょう。

  • 応接用スペースは入口からスムーズに案内できるか
  • 応接用スペースと執務スペースは適切に分離されているか
  • 役職者や一般社員にとって、相応しい配置や環境配慮がなされているか
  • リフレッシュコーナーは、全社員に利用しやすくなっているか
  • 給湯スペースとの位置関係はどうか など

ゾーニングと動線に不具合があると、ちょっと離れた席の社員と打ち合わせをする際にも移動が面倒になったり、コミュニケーションにも支障をきたし、ひいては業務効率も低下する原因となってしまいます。決して疎かにしていいことではありません。

オフィス内で人がすれ違えるスペースとは?

もうひとつ重要なのが、通路の幅や、デスクとデスクの間隔などをどれくらいにすべきかという点。例えば、最も人が通るメイン通路の寸法については、2人が無理なくすれ違えるよう1m20cm程度が望ましいとされています。デスクとデスクの間の動線は90cm程度、デスクの着座位置は45cm程度プラス後ろに30cm程度というのが目安となっています。

オフィスレイアウトにおいては、こうした要素を総合的に判断して決める必要があります。オフィスの規模や広さ、社員数、予算などによりますが、出来るだけ手間をかけたくない場合には、レイアウト提案もワンストップで対応してくれる事務所移転業者に依頼するのもよいでしょう。本サイトでは、信頼できる移転業者を調査してまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

>>「オフィスレイアウトが得意」など強み別におすすめ事務所移転業者を公開!<<

ページの先頭へ