【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

引越し

事務所移転おけるオフィスの引越し作業に関して、考え方や段取り、チェックポイントや注意点などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

事務所移転、オフィスの引越し作業のあれこれ

事務所移転に必要な各種の作業や段取りの中で、引越し作業はある意味クライマックスという段階と言えるでしょう。そして、事務所移転というものは、一般家庭の引越しに比べ、やらなければならない作業がより多岐に、より幅広くなるのが常です。

とりわけ重要なのは、単にモノを移動させるだけではなく、業務遂行できる体制を滞りなく整えなくてはならないという点です。言われてみれば当たり前のことですが、今一度、よく踏まえておいてください。

業者と自社作業の切り分けが大切

オフィスの引越し作業に関して、ハッキリさせておくべき事柄の筆頭が、業者に依頼するのはどこまでの作業で、自社の社員が行わなければならない作業はどこまでかという点です。

これは見積もり料金とも深く関わってきますが、その料金にどこまでの作業が含まれているのか?例えば、OA機器は現オフィスでの使用状態のままの状態から梱包作業を依頼するのか、あるいは配線や周辺機器などを取り外して運搬できる状態とする作業は、自社社員でおこなうのかといった具合です。

また、本サイトで繰り返しています通り、引越し作業を行う業者と、内装工事やLAN工事を行う業者や、オフィス家具の調達を行うは別々なのか、同じ業者にワンストップで依頼するかによって、事前準備や引越し作業当日の対応も異なってきます。

個々のオフィスの要望や予算などにもよりますが、なるべく必要な作業を一本化できる業者を選んだほうが、社員の負担や労力といったものは軽減できると言えるでしょう。

依頼できる範囲の確認を

それ故に、オフィス移転の引越し業者選びの際には、どこまでカバーできるのかといった点が重要です。荷物の梱包と配送作業だけでなく、オフィス家具のレイアウトや配線工事など、依頼できる作業の守備範囲をよくよく判断しておくべきです。

一方で、餅は餅屋の諺がある通り、引越し業者は基本的にモノを運ぶ専門化です。なんでもかんでもワンストップで依頼するというのも実的とは言えません。どこで線を引くかということになりますが、これは依頼者側の要望によって変わってきます。

業者選びの際には、単純に見積もり金額の安い高いで判断するのではなく、その金額にどこまでの作業が含まれていてその値段なのか、追加料金が発生する可能性があるのかといった点もしっかり踏まえておくべきです。

>>引越しまでワンストップで依頼できる東京の格安事務所移転業者BEST3はこちら<<

ページの先頭へ