【【失敗しない事務所・オフィス移転まるわかりナビ】】

事務所移転の目的別に最適な東京の業者ランキングを公開!

物件探し

本ページでは、オフィス物件探しについて、失敗しない考え方や段取り、チェックポイントや注意点などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

事務所移転、オフィス物件はどのように探すべきか?

まずは言わずもがなのことですが、なぜ事務所移転を行うのかを今一度確認しておきましょう。ビジネスの効率を上げたいのか?立地的な不便さを解消したいのか?物件や設備の老朽化によるものか・・・などなど。

こうした要素を洗い出すことによって、新オフィスの立地・設備・広さなどの条件を判断する基準が明らかになります。逆にこの作業を疎かにしてしまうと、実際の物件探しに迷ったり、適切でない物件を選んでしまうかも知れません。つまりオフィス物件探しのポイントは、以下に要約されます。

  • 目的に合った立地にとことんこだわる
  • 内見を繰り返しオフィス施設・設備をチェックする

それぞれについて詳しく考察していきます。

目的にあった立地選びのポイント

立地選びは、会社の事業活動に大きく影響するところなので、こだわって考えるべきです。一方、巷にはそれこそ星の数ほどオフィス物件があるので、あらかじめ求められる立地要件をリストアップしたうえで、優先順位を立てておくことも重要になります。検討のポイントとしては以下が挙げられます。

  • 寄駅(電車あるいはバス停)までの距離
  • クライアントとの位置関係や移動手段
  • コンビニや金融機関など利用頻度の高い施設の有無
  • 治安や、公園をはじめ環境衛生の配慮状況 など

基本的に、立地(特にアクセス)がよいほど、賃料も高くなる傾向にあります。合わせて、候補地の賃料相場も把握するようにしてください。

オフィス施設・設備は内見で繰り返しチェック

ある程度絞込みができたら、今度は実際の物件を見てまわります。なるべく沢山の物件を比較検討した上で決めることが、後で「違った、失敗した」となるリスクを軽減してくれる手段に他なりません。チェックしたい項目を予めまとめておけば、抜け漏れの防止や時間短縮ができます。チェックポイントは主に「施設の外観」「設備の状況」「スペース」に分けられます。

  • 施設の外観:会社のイメージに合っているか。来客者にとっての印象はどうか。
  • 設備の状況:トイレや給湯室の位置、空調の吹き出し位置、セキュリティの仕様など
  • スペース:執務室、会議室に十分なスペースがあるか。OAフロアの有無や柱の位置もチェック

移転先の物件を決めておくべきタイミングは、現オフィスの解約予告時期の1ヶ月前程度が望ましいと言えます。一例として、移転の6ヶ月前あるいはそれ以前から物件探しに着手し、5ヶ月前には絞込みを完了し契約、現オフィスオーナーへの解約を通知するといった考えでいれば、後手後手になってしまう事態が起きにくいと言えるでしょう。

こうした物件探しにおいては、オフィス向け物件を扱う不動産仲介業者をあたることになりますが、事務所移転業者の中には、移転作業と合わせてワンストップで対応してくれるところもあります。オフィス規模や条件などにもよりますが、そうした業者に当たることも視野に入れておくとよいでしょう。

>>「オフィス物件探しが得意」など強み別におすすめ事務所移転業者を公開!<<

ページの先頭へ